イージーワークは怪しい投資・副業詐欺で危険?不労所得を安全に稼げる?内容や口コミ・評判を調査!

副業サステナブル管理人の愛です!!
もし調査してほしい副業・投資案件のリクエストがあったらLINEでお送りください!

イージーワークは怪しい投資・副業詐欺で危険?不労所得を安全に稼げる?内容や口コミ・評判を調査!

「この案件、怪しい!」と思った方へ。
もし、安全かどうかを知りたい方は、私のLINEにお越しください!
200件以上の「副業」「投資」案件の徹底調査をしてきた私が、無料で何でもお答えしています。

今の世の中は、「副業詐欺」「投資詐欺」と呼ばれるものが非常に多く存在しています。

  • 稼げると謳いながら実は全く稼げない副業詐欺
  • ポンジスキームと呼ばれる投資詐欺
  • プロダクトローンチという集客方法を巧みに利用した詐欺

少しでも違和感を抱いたら、私にご連絡ください。

目次

【危険】投資詐欺、副業詐欺とは?

今日、収入増加を望む人々が副業に積極的に取り組むことは、もはや異例ではなくなっています。

副業は主職業と並行して実施されることが一般的で、多くの人々は手軽にスタートでき、収益を早期に得られるものに魅力を感じています。

だが、この需要を利用し、「手軽に収益を得られる」という誘惑的な広告に惑わされる人がいるのも事実です。

副業詐欺とは?

近年、副業詐欺が増え続けています。

この詐欺の主なターゲットは、本業からの収入に不満を抱える人々や追加の収入を探している人々です。

副業詐欺の様々な手口がありますが、共通点は「手軽に高収入を実現できる」という誤った約束にあるのが特徴です。

これも投資全てが詐欺と言っている訳ではありません。

もちろん、本当に「簡単に稼げる副業」も存在していますが、ごく稀です。

投資詐欺とは?

個人や組織による投資詐欺は、投資家から不正に資金を引き出す行為を指します。

これらの詐欺者は、非常に高いリターンを保証するか、またはリスクがほとんどないと偽って投資家を騙します。

投資詐欺の手口は多岐にわたるものの、その主な目的は、私たちの資金を奪取することにあります。

きちんとした判断に基づけば、投資でも成功することは可能です。ただ、見極めにはコツがいります。

【最悪訴訟も?】詐欺に遭ってしまうことの危険性

詐欺に遭遇するということは、単に金銭的な損失を被るというだけでは済まない場合があります。

詐欺の被害に遭うことにより生じうるいくつかの主要な危険性について解説します。

金銭的損害
生活費の損失:詐欺事件により、日常の費用や緊急時の備えを失うことがあります。
投資の喪失:投資詐欺に巻き込まれた際には、退職資金や重要な投資を失う恐れがあります。

財政的な打撃
毎日の支出の損失:詐欺により、日常生活のための資金や緊急用の貯金を失う危険性があります。
投資の損害:投資詐欺に遭遇すると、退職金や大切な投資金を喪失する可能性がある。

個人情報の不正利用
個人データの窃盗:詐欺師が不正に個人情報を入手し、身元を盗むリスクが存在します。
信用情報の被害:個人情報の流出は、クレジットスコアへの損害や他の財務サービスへの影響を与える可能性があります。

プライバシーの侵害
個人情報の盗難:詐欺師が不正に個人データを取得し、身分を盗用する危険があります。
信用記録の損傷:個人情報の流出は、クレジットレーティングの損害や他の金融サービスに影響を及ぼすことがあります。

詐欺に遭うことは、金銭的な損失だけではなく、個人の生活、信用、さらには法的な問題にまで及ぶ多大な影響を及ぼす可能性があります。このため、詐欺に注意し、疑わしい取引やオファーに対しては常に警戒心を持つことが極めて重要です。

投資詐欺や副業詐欺の手法を解明!

詐欺師たちは、非常に巧妙な手法を用いて私たちを欺こうとします。

特に投資詐欺や副業詐欺の手口は、日々進化しており、注意が必要です。

以下に、最近流行っている詐欺の手口をいくつか紹介します。

【事業者が飛ぶ?】ポンジスキーム

新しく入った投資者から得た資金をもとに、以前の投資者に報酬を支払うポンジスキームは、金融市場での一般的な詐欺の一形態です。

この方式は、長期的には持続不可能で、しばしば事業者が投資者の資金を横領し、逃亡することがあります。

このため、投資者は自己の資本を失うリスクを負います。

【情報商材】プロダクトローンチ詐欺

プロダクトローンチは、新製品やサービスの市場投入に先駆けて行われるマーケティング戦略で、潜在顧客の注目を集め、製品への期待を構築することを目的としています。

このアプローチは、製品の認知度を上げ、発売時のインパクトを高める効果があります。

しかしながら、悪意を持った業者がこの手法を利用して、存在しない製品を売りつける詐欺行為を行うことがあり、これは消費者に深刻な影響を及ぼします。

※プロダクトローンチ自体が詐欺という意味ではありません。

【スマホ副業】オプトインアフィリエイト詐欺

「オプトインアフィリエイト」とは、自らのメールマガジンやオンラインプレゼンスを通じて、他の企業や個人のメールマガジンやサービスを紹介するデジタルマーケティングの手段です。

この戦略は、特にEメールマーケティングの領域で人気があります。

しかし、この手法を用いる際には、不適切なメールマガジンが疑わしいウェブサイトを推奨し、詐欺案件を紹介することがあるため、慎重な取り扱いが求められます。

※オプトインアフィリエイト自体が詐欺という意味ではありません。

怪しい案件に騙された方の体験談

ここでは、都内にお住まいのA子さんの体験談を紹介します。

しかし、これはあくまで一例に過ぎません。この時代、副業詐欺の体験談は多岐にわたります。

この話は、オンラインのギフトキャンペーンへの参加から始まりました。

このキャンペーンでは、高価値の商品がプレゼントされる可能性があり、唯一必要なのはアンケートへの回答と少額の手数料の支払いだけでした。

当時、私は何の疑いも持っていませんでした。

しかし、信じられないことに「20万円」が当選したのです。

私は興奮して自分の銀行口座情報を伝えました。

そしてすぐに、20万円どころか、驚くべきことに500万円が振り込まれていることに気付きました。

その大金に戸惑いながらも、すぐに連絡があり、「振込ミスが発生した」とのことでした。

そして、その500万円のうち480万円を返金するようにと言われました。

当時は、「ともかく20万円は受け取れるから良しとしよう」と考えていました。

私は指示された場所に行き、指定された人物に現金を渡しました。

しかし、その後の日々で、私の人生は一変しました。

なんと私は警察に逮捕されたのです。

理由が全く分からず、驚愕しました。

後に判明したのは、その500万円は特殊詐欺で得られたお金だったということです。

実際、詐欺グループは巧妙な手段で不正に利益を得た後、そのお金や商品を隠すために「受け子」という人物を使うのです。

受け子は、詐欺グループによって使われ、詐欺で得たお金や商品を一時的に受け取り、それを別の場所に移動させる役割を果たします。

多くの場合、受け子は自分が犯罪行為に加担していることを知らず、詐欺グループの指示に従っています。

すなわち、私は無知のまま「受け子」として利用されていたのです。

プレゼント企画に参加していたら、「犯罪者」になっていたという恐ろしい話です。

冒頭でもお話したように、「これって本当に大丈夫?」という疑問が出てきたら、必ず私に相談してください!

【結局詐欺案件なのか?】私なりの結論お伝えします!

「結論、これが詐欺案件なのか教えて!」という人へ。
徹底調査の結果、私なりの結論は出ていて、今すぐにでも皆様にお伝えしたいのですが、
残念ながらここはネット上なので、はっきりとしたことは言えません……!
私のLINEに来てくれた人には結論をお伝えしています!

ご存知でしたか?

実は、世の中の「稼げる」と謳われている副業や投資案件は、95%が偽物なんです!
それほど、現在の日本では悪質案件で溢れかえってるのですね。ひどい世の中になったものです……。

「じゃあ副業を諦めろってことなの?」

いえ、そんなことはありません!
中には本当に稼げる優良案件がまだたくさんあるんです。

・基本的にお金がかからない
・継続的な収入が得られる

このような副業を、私は持続可能な副業って呼んでます。そんな優良案件が、まだまだ世の中にはあるんです。
なので、重要なことは、優良案件の情報が世に出たときに、それを逃さず波に乗っちゃうことです。
私も情報収集を続けて、月収100万円を稼ぐことができるようになりました!

そこで、私の公式LINEでは、最新の稼げる副業情報が手に入ったとき、どこよりも早くお伝えします。
逆に、危険な案件の情報も随時お伝えしてます。

「この案件は大丈夫なの?」という質問にもお答えしているので、気軽にメッセージくださいね。
掲示板みたいな感じで使ってください!

これからは情報共有の時代です!
一人で悩むのではなく、どんどん相談や共有していきましょう。
私のLINEコミュニティーでは100万円以上稼げるようになった方が数人出てきています。(みんなどんどん私を越していく……)
これからも「持続可能な副業」をモットーに、情報収集してまいりますっ!
気になるよって方は、相談料とかお金は一切とらないので、LINE友だち登録待ってますっ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次